トップページ > 事例一覧 > イベント会場販売
--情報-information--知恵-intelligence--想像-imagination--

イベント会場販売

  あの商品はどこ?  商品の所在と売上の管理 実在庫との比較も楽々

各商品は商品コード(自社商品コード)で管理されます。当システムの専用ラベルプリンターで作成された商品タグまたは商品ラベルが商品に取り付けられます。商品タグ(ラベル)には、商品コードがバーコードで印字されているので、商品タグ(ラベル)をバーコードリーダーでスキャンする事で商品の移動情報を発生させ、把握します。

業務概要

商品はイベント毎に本部よりイベント会場に出荷され、イベント会場で売れるものと売れ残ったものに別れます。売れ残ったものは本部へ戻ってきます。

主な機器(LAN接続機器やパソコンに機能として追加する周辺機器は省く)

PCサーバー1台 クライアント4台  ハンディースキャナー2台  ラベルプリンター1台 レザープリンター2台 ドットプリンター2台

機能ちょっと紹介

各フェーズでの入力作業には、ハンディースキャナーでスキャンしたデータを一括入力できます。もちろん、キーボードからの直接入力、キーボード直結のスキャナーでの入力が可能です。

イベント会場へ

出荷する商品タグを元に出荷伝票作成。本部の在庫減少。

売上

販売した商品タグを元に売上情報を入力 

本部へ戻り

戻って来た商品タグを元に戻り情報を入力 本部の在庫増大

実棚

ハンディースキャナーで商品をあたった後、実棚データとしてサーバーに取り込みます。論理在庫との比較も容易です。