トップページ > 事例一覧 > 専門店単品管理
--情報-information--知恵-intelligence--想像-imagination--

専門店単品管理

  画期的 サイズ別入出力画面  単品管理で効率アップ

各商品は商品コード(自社商品コード)で管理されます。 当システムの専用ラベルプリンターで作成された商品タグまたは商品ラベルが商品に取り付けられます。 商品タグ(ラベル)には、商品コードがバーコードで印字されているので、商品タグ(ラベル)をバーコードリーダーでスキャンする事で商品の移動情報を発生させ、把握します。POSレジを採用しないで、ハンディースキャナーで売上情報を読み込む事で、高価なPOSレジの導入を回避しました。また、サイズ別の商品を取り扱うので、サイズ一覧形式の入出力インタフェースを随所に採用しています。

主な機器(LAN接続機器やパソコンに機能として追加する周辺機器は省く)

1店舗当り パソコン1台   ハンディースキャナー1台  ラベルプリンター1台 レザープリンター1台 

機能ちょっと紹介

各フェーズでの入力作業には、キーボードからの直接入力、キーボード直結のスキャナーでの入力が可能です。また、ハンディースキャナーで入力したデータを取り込める処理もあります。

仕入れ

仕入れ伝票をパソコンで入力。在庫が増えます。

売上

ハンディースキャナーの売上データを取り込みます。在庫が減ります。

店舗間移動

出荷元店舗でハンディースキャナーの出荷データを元に移動伝票を作成します。出荷元の在庫が減ります。
出荷先店舗で移動伝票データ(フロッピーディスク)を読み込みます。出荷先の在庫が増えます。

実棚

ハンディースキャナーで商品をあった後、実棚データとしてパソコンに取り込みます。論理在庫との比較も容易です。